活用方法 for 不動産

不動産業界で抱えている悩みをActiBookで解決する活用方法をご紹介します。

電子ブック導入前の課題

  1. カタログが顧客に届く頃にはもう熱が冷めている
  2. 紙面だけでは物件情報を伝えるのに限界がある
  3. 営送付したカタログをいつ見ているか、興味があるか分からない
  1. CASE1 カタログが顧客に届く頃にはもう熱が冷めている

    電子ブックで、確度の高いうちにカタログを即送付!

    forsales_before1.jpg
    forsales_after1.jpg

    資料請求のご連絡を頂いてからお客様の元にカタログが届くまで数日かかりますが、ActiBookでは
    自動生成されるURLをお客様んび送付するだけなので、確度が高い内にカタログ閲覧いただけます。
    また、カタログの印刷・発送コストや工数削減も実現できます。

  2. CASE2 紙面だけでは物件情報を伝えるのに限界がある

    動画埋め込み・リンク設置で物件情報をよりクリアに!

    forsales_before2.jpg
    forsales_after2.jpg

    紙面では大きさ以上の情報を掲載することはできませんが、ActiBookでは
    動画の埋め込みやリンク設置ができるので、紙面以上の情報を伝えることができます。
    リッチコンテンツを提供することで、お客様の興味・確度も上がります。

  3. CASE3 送付したカタログをいつ見ているか、興味があるか分からない

    ログ閲覧機能で、お客様の閲覧状況・興味を可視化!

    forsales_before3.jpg
    forsales_after3.jpg

    PDFはお客様が見たか・見ていないかしか情報を把握できませんがActiBookでは
    何ページを何秒、どのリンクをクリックしたなどのログが取れるので
    お客様の興味関心に沿った提案が可能です。

資料・動画を誰でも簡単に配信。
3ステップで作成から配信までできる
電子ブック作成ツール

  1. TOP
  2. 製品
  3. ActiBook
  4. 活用方法
  5. 活用方法 for 不動産