1. TOP
  2. media
  3. コラム
  4. PDFとは?基礎知識や作成・編集まで、PDFの活用方法を徹底解説

PDFとは?基礎知識や作成・編集まで、PDFの活用方法を徹底解説

最終更新日

公開日

PDFとは?基礎知識や作成・編集まで、PDFの活用方法を徹底解説

PDFは業務においてほぼ毎日触れるといっても過言ではないものですが、PDFがそもそもなにかご存じでしょうか?今回はPDFの基礎知識から一般的な活用方法、そしてPDFの発展的な使い方を解説します。

ActiBookフリープラン

【無料】ActiBookフリープラン

まずはフリープランをお試してみませんか?お手元の資料をアップロードするだけで簡単に電子ブック化を体験できます。登録後すぐにご利用いただけます。

無料ではじめる

PDFの基本概念

PDFとは - 簡単な定義

PDF(Portable Document Format)は、Adobe Systemsによって開発されたファイル形式です。1993年に発表されて以来、その使いやすさとクロスプラットフォームの互換性により、電子文書の共有と配布のデファクトスタンダードとして広く採用されています。PDFは、テキスト、フォント、フォーマット、色、画像などのレイアウトを完全に保持することができるため、元の文書の見た目を変えずに任意のデバイスで表示が可能です。

PDFの歴史と開発

PDFは、電子文書をデジタル形式で正確に表現し、共有する必要があったことから生まれました。開発の初期段階で、Adobeの創設者の一人であるジョン・ワーノックが「カミロットプロジェクト」という構想を提案しました。このプロジェクトの目的は、ユーザーがどのようなソフトウェア、ハードウェア、オペレーティングシステムを使用していても、文書が正確に表示されることを保証することでした。このビジョンは、PDFの開発によって実現し、今日では世界中で利用されています。

PDFのメリットと特徴

フォーマットの一貫性

PDFの最大の利点の一つは、文書のフォーマットの一貫性です。PDFファイルは、元の文書のレイアウト、フォント、画像、その他の要素を完全に保持するため、作成者が意図した通りの形で情報が表示されます。これにより、異なるソフトウェアやオペレーティングシステム間で文書を送信しても、受け取り側が同じ視覚的体験を得ることが保証されます。

多様なデバイスとの互換性

PDFは、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、さまざまなデバイスに対応しています。これは、デジタル化が進む現代において非常に重要な特徴です。ユーザーは特別なソフトウェアをインストールせずとも、標準的なPDFリーダーを使用してファイルを開くことができ、場所を選ばずに重要な文書にアクセス可能です。

セキュリティとアクセス制御

PDFフォーマットは、セキュリティ機能も備えています。ファイルにパスワードを設定することができ、不正アクセスから文書を保護することが可能です。また、編集権限、印刷権限、コピー&ペーストの制限など、細かいアクセス制御設定を施すこともできます。これにより、ビジネス文書や個人情報が含まれる文書を安全に取り扱うことができます。

PDFファイルの作成方法

パソコンでのPDF作成手順

パソコンを使用してPDFを作成する方法は多岐にわたりますが、最も一般的な方法は、オフィスソフトウェア(Microsoft Word, Excelなど)の「名前を付けて保存」または「エクスポート」機能を使用することです。これらのプログラムでは、文書を編集した後、ファイル形式としてPDFを選択して保存します。これにより、元の文書のフォーマットが保持され、PDFとして出力されます。

スマホでPDFを作成する方法

スマートフォンでもPDFを作成することができます。多くのモバイルアプリ(例えば、Adobe Acrobat ReaderやMicrosoft Officeアプリ)がPDFの作成をサポートしています。文書や画像をアプリにインポートし、共有オプションや保存オプションからPDFとして保存することが可能です。これにより、外出先でも簡単にPDFを生成し、共有することができます。

オンラインツールを利用したPDFの作成

インターネットには多数のオンラインPDF変換ツールが存在します。これらのツールを使用すると、ファイルをアップロードし、指定の形式に変換してダウンロードすることができます。例えば、SmallpdfやPDF Converterなどがあります。これらのサービスは通常無料で提供されており、迅速にPDFを作成するのに便利です。

PDFファイルの開き方

パソコンでPDFを開く方法

パソコンでPDFファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerなどの専用のPDFリーダーソフトウェアが最も一般的です。これらのソフトウェアは無料でダウンロード可能であり、PDFの表示、印刷、コメント付けなど基本的な操作を簡単に行うことができます。ファイルをダブルクリックするだけで、関連付けられたアプリケーションが自動的に開き、PDFが表示されます。

スマホでPDFを開くステップ

スマートフォンでPDFを開くには、ビルトインのPDFビューアを使用するか、Adobe Acrobat ReaderやFoxit PDF Readerなどのアプリをダウンロードする必要があります。これらのアプリは通常無料で提供されており、PDFファイルを開いたり、ナビゲートしたり、必要に応じて注釈を加えたりすることができます。PDFファイルをタップすると、選択したアプリで自動的に開きます。

便利なPDF閲覧アプリケーション

市場にはさまざまなPDF閲覧アプリケーションがありますが、Adobe Acrobat Reader、Foxit PDF Reader、PDF-XChange Viewerなどが特に人気があります。これらのアプリケーションは機能豊富で、文書の拡大縮小、検索、注釈の追加、フォームの記入など、さまざまな操作が可能です。各アプリの特徴を比較し、使用目的に合わせて最適なものを選択することが重要です。

PDFの保存と管理

PDFとして保存するメリット

PDF形式で文書を保存することには多くのメリットがあります。PDFはフォーマットの一貫性が保たれるため、元のレイアウトやデザインを変えることなく、どのデバイスでも同じように表示されます。また、PDFはテキスト、画像、リンク、フォームなど様々な種類のコンテンツを一つのファイルに統合できるため、情報の共有が簡単になります。さらに、PDFファイルはセキュリティ設定が可能で、不正アクセスや改変から保護することができるため、ビジネスドキュメントや重要な個人情報を安全に保管できます。

PDFファイルの整理と管理方法

PDFファイルの管理は効率的なアーカイブ作成とアクセスの容易さを保証します。ファイル名に日付やプロジェクト名、バージョン番号などを含めることで、ファイルの検索と識別を容易にします。また、クラウドストレージサービス(Googleドライブ、Dropbox、OneDriveなど)を利用することで、どこからでもアクセスでき、ファイルのバックアップも自動的に行われます。文書管理システムを導入することで、大量のPDFファイルを効果的に管理し、必要な文書を迅速に見つけ出すことができます。

PDFファイルの印刷

パソコンからのPDF印刷手順

パソコンを使用してPDFファイルを印刷するプロセスは非常に簡単です。まず、PDFファイルを開いて、ファイルメニューから「印刷」を選択します。印刷ダイアログボックスが表示されたら、使用するプリンターを選択し、印刷に必要な設定(ページ範囲、部数、カラーまたはモノクロ、両面印刷など)を調整します。設定が完了したら、「印刷」ボタンをクリックして印刷を開始します。PDFはそのフォーマットが保持されるため、印刷結果もデジタル表示と同様の品質を期待できます。

スマホからPDFを印刷する方法

スマートフォンからPDFを印刷するには、まずPDFファイルを開いたステータスで「共有」または「印刷」オプションを選びます。多くのスマートフォンには、Google Cloud PrintやApple AirPrintのようなクラウドベースの印刷サービスが組み込まれており、対応するプリンターに直接アクセスして印刷が可能です。プリンターを選択し、必要な印刷設定を行い、「印刷」をタップすることで簡単に印刷を行うことができます。

PDF編集の基本

PDFファイルの編集方法

PDFファイルの編集には専用のソフトウェアが必要です。Adobe Acrobatはもっとも広く使用されているPDF編集ツールの一つで、テキストの追加や削除、画像の挿入、ページの再配置などの基本的な編集作業を容易に行うことができます。無料のPDF編集ツールも存在しますが、機能が限られる場合が多いため、複雑な編集が必要な場合は有料のプロフェッショナルソフトウェアの利用を検討すると良いでしょう。

無料と有料のPDF編集ツール

無料のPDF編集ツールには、PDFescapeやSmallpdfなどがあります。これらのサービスはオンラインで利用でき、基本的なテキスト編集や画像追加、フォームの作成などが可能です。一方、有料のツールでは、Adobe Acrobat Proが提供する高度な機能を利用でき、文書のセキュリティ強化、詳細なレイアウト調整、OCR(光学文字認識)機能を使ったスキャン文書の編集などが行えます。ビジネスやプロフェッショナルな文書作成には、これらの高度な機能が求められる場合が多いです。

PDFファイルとその他のフォーマット

PDFとWordの違い

PDFファイルとMicrosoft Wordファイルは、用途と機能が異なります。Wordファイルは編集が容易で、文書作成や編集が主な目的です。一方、PDFは表示と印刷の一貫性を保持するために設計されており、完成した文書の配布に適しています。Word文書は、テキストや画像の配置が異なるデバイスやソフトウェア間で変わる可能性がありますが、PDFは元のレイアウトを正確に保持し、どのデバイス上でも同じように表示されます。

PDFと他のフォーマット(Excel, JPGなど)との変換

PDFは他の多くのフォーマットと互換性があり、簡単に相互変換することが可能です。例えば、PDFファイルをExcelやJPG画像に変換することができ、逆にこれらのフォーマットからPDFを生成することもできます。この変換機能は、ビジネスの文書管理やデータのアーカイブ化、情報の共有において非常に便利です。多くのオンラインツールや専用ソフトウェアを利用して、これらの変換を簡単かつ迅速に行うことができます。

PDFの活用事例

企業での使用例

企業ではPDFが広範囲にわたって使用されています。契約書、報告書、プレゼンテーション資料など、様々なビジネス文書がPDF形式で作成され、共有されます。PDFのフォーマットの一貫性とセキュリティ機能は、情報を正確かつ安全に伝えるために重要です。また、電子署名を利用した契約プロセスのデジタル化にもPDFは活用され、印刷や郵送にかかる時間とコストを削減しています。

教育分野での利用

教育分野では、教科書や教材、研究論文などがPDF形式で提供されることが多いです。PDFはテキストだけでなく、図表や画像も鮮明に表示できるため、教材としての可読性が高く、学習効果を支援します。また、PDFファイルはデバイスに依存しないため、学生や教員がどのようなデバイスを使用していても、アクセスと表示が容易です。

個人使用のシナリオ

個人ユーザーも日常的にPDFを利用しています。例えば、レシピや説明書、イベントのチラシなど、さまざまな情報をPDFで保存し、必要に応じて他の人と共有できます。PDFはプリントアウトしても元の品質を保持するため、紙の文書としても利用価値が高いです。また、趣味やプロジェクトの文書を整理し、簡単にアーカイブするための手段としても選ばれています。

PDFをさらに活用するために

PDFは非常に便利なファイル形式ですが、電子ブックを使うとより有効的な活用が可能です。

電子ブックとは

電子ブックとは、一般的にWeb上で表示可能な電子冊子のことを指します。PDFでは不可能な音声や動画などの掲載や、ログデータの取得、テキスト検索など、紙媒体では不可能なコンテンツ・機能を活用できることが特長です。

操作はPDFをアップロードするだけ

電子ブック化するのは非常に簡単です。電子ブックサービスはいくつかありますが、どのサービスであってもPDFをドラッグアンドドロップでアップロードするだけで電子ブック化されます。

電子ブックとPDFの違い

違い①:閲覧性と表示速度

電子ブックの表示速度はページ数の多さに左右されません。Webコンテンツとして表示するため、Webページを読むような快適さで閲覧できます。また、好きな箇所から読み進められるのも特徴です。
一方、PDFの場合は、全てのデータを1度ダウンロードしてから表示します。データが多いと表示するまでに時間がかかり、「重い」と感じることもあるでしょう。一部だけ閲覧したい場合も、全データのダウンロードが必要です。

違い②:動画や音声の埋め込み

動画や音声の埋め込みはPDF、電子ブックどちらでも行えます。しかし、PDFの場合は埋め込み用のツールが必要です。また、埋め込むほど表示速度が遅くなります。
電子ブックはツールを使わずに埋め込めるので、表示速度もスムーズです。文章、画像、動画、音声を組み合わせた、よりユーザーに伝わりやすいコンテンツが提供できます。
営業資料や学校案内のパンフレットにPR動画を取り入れたり、商品説明に操作方法の動画を掲載したりと、様々な活用方法が考えられます。

違い③:常に最新の情報を提供できる

PDFでは、一度ダウンロードされたものを最新の情報に更新したり、記載されているデータを削除したりするなどの管理ができません。
電子ブックでは、情報を差し替えるだけで、閲覧者側の電子ブックデータを全て最新のデータに変換することができるため、常に最新の情報をユーザーへ提供することができます。
裏を返せば、情報が勝手に変わることで不利益を得る可能性があるIR資料などには不向きになります。

違い④:ログデータの取得

資料を配信した際に、PDFでは「○人が資料をダウンロードした」ということしかわかりませんが、電子ブックでは「どのページがどれくらい見られたか」というより詳細なログデータを取得することができます。
取得したデータを解析することで、恒常的に業務を改善していくことが可能になります。

参考記事:電子ブックとは?電子ブックのメリットから利用の仕方、作成方法までご紹介

PDFをより便利にするActiBook

電子ブックを「試しにどんなものか利用してみたい」と思われた方もいるのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが、無料で体験できる電子ブック作成ツール「ActiBook(アクティブック)」です。
「ActiBook(アクティブック)」は、誰でも簡単にわずか3ステップで電子ブックを作成できます。
フリープランでは3ファイル(上限50MBまで)までアップロードすることができます。
電子ブック公開サイト機能や分析機能など、便利な機能もフリープランで利用することが可能です。導入・公開を簡単に行える機能が充実し、パソコンの操作が苦手な方でも扱いやすいサービスとなっております。

無料プランで試してみる

PDFに関するよくある質問

PDFってどうやってやるの?

PDFファイルを作成する方法はいくつかありますが、最も簡単なのは、文書を作成しているソフトウェア(例えばMicrosoft WordやGoogleドキュメント)で「名前を付けて保存」や「エクスポート」機能を使用し、ファイルタイプとしてPDFを選択することです。また、スキャンした文書をPDFとして保存するために、専用のスキャナーやスキャンアプリを使用する方法もあります。

PDF保存とはどういう意味ですか?

PDF保存とは、文書や画像をPDF形式でファイルに保存することを指します。これにより、ファイルの内容が正確に保持され、どのデバイスやプラットフォームでも同じように表示されるため、情報共有やアーカイブに適しています。

PDFに落とすとはどういう意味ですか?

「PDFに落とす」という表現は、特定の文書やデータをPDF形式で保存することを意味します。これは、文書を他の形式からPDF形式に変換し、PDFとして保存する行為を指し、ファイルの共有や印刷に便利です。

PDFファイルをどうやって開くの?

PDFファイルを開くためには、PDFリーダーが必要です。最も一般的なのはAdobe Acrobat Readerですが、他にも多くの無料PDFリーダーが存在します。これらのプログラムをインストールした後、PDFファイルをダブルクリックするだけで、リーダーが自動的に開いてファイルを表示します。

ActiBookフリープラン

【無料】ActiBookフリープラン

まずはフリープランをお試してみませんか?お手元の資料をアップロードするだけで簡単に電子ブック化を体験できます。登録後すぐにご利用いただけます。

無料ではじめる

執筆者

浦 将平

7年間マーケターとして従事。
法人向けの顧客管理ツールやデータ統合ツール、CMSのマーケティングに携わる。 2022年にクラウドサーカスに入社し、チャットボット・電子ブックのマーケティングを担当。 現在はクラウドサーカス全体のマーケティング戦略に従事。

導入社数 17,000社以上

ActiBookは顧客の興味行動が分かり 効率的・効果的なセールス活動を 促進する電子ブック作成ツールです

ダウンロード資料の内容

  • ・電子ブックの特長や活用方法を紹介
  • ・導入事例や料金をご説明
導入社数17,000社以上 資料ダウンロード(無料)はこちら

関連記事

資料・動画を誰でも簡単に配信。
3ステップで作成から配信までできる
電子ブック作成ツール